矯正したいけれど踏み切れない方に!目立たない歯科矯正方法3選

目立たない度No.1!裏側につける矯正器具

歯科矯正したいけれど、どうしてもアノ銀色の金具が目立つのがちょっと。と歯科矯正をためらっている方も多いはず。歯科矯正は歯の表面につける金具を連想してしまいますが、アノ金具、歯の裏側につけて矯正もできるのです。普通の矯正に比べると、費用がかかってしまいますが、目立ちにくさはNo.1!歯の表面からは見えないので、パッと見、矯正中だとわかりません。また、抜歯をしてもワイヤーが少し見えるだけで、装置自体は見えにくいのです。見た目で矯正に踏み切れない方は、裏側矯正を相談してみることもおすすめ。

取り外しも可能!マウスピース型

歯科矯正は何年も時間がかかってしまうもの。その間装置をつけっぱなしはちょっと。という方におすすめなのが「マウスピース矯正」です。薄い透明なマウスピースを全体の歯にかぶせて矯正します。基本ずっとつけっぱなしですが、食事や歯磨きのときに取り外しが可能です。透明なので、もちろん周囲にわかりにくいです。メーカーによってさまざまなマウスピースがあるので、歯科医に相談してみることがおすすめ!金属アレルギーの方にも安心です。

銀色の金具じゃない!クリアブラケット

従来の歯科矯正方法と同じで安心。しかし、歯に取り付ける金具は銀色ではなく、透明のものを使用している装置での矯正が「クリアブラケット矯正」です。ブラケットをつなぐワイヤーも、銀色ではなくクリアを選べるクリニックも増えてきました。裏側矯正やマウスピースはちょっと不安。という方にも、矯正方法は従来と同じなので安心です。歯のかみ合わせやあごの形によって、合う矯正方法も一人一人違うもの。しかし、従来の矯正方法でも今では目立たなく装置の取り付けが可能です。矯正をためらっている方は、「目立たない矯正」を考えてみてはいかがでしょうか。

歯の詰め物やかぶせ物の種類に「オールセラミック」があります。その名の通り、全てセラミックで出来ています。金属は一切使用しないので、一見本物の歯のように見えます。金属アレルギーの方も安心できます。