歯の治療。どうして1日で完了しちゃうの?

セレックってどんな治療?

セレックでの虫歯治療が話題になっています。セレックとはコンピュータ制御によって歯の詰めものや被せものを設計製作するカドカムというシステムです。通常の治療では型を取って、技工所に出してと言う過程をたどりますので最小でも2回の通院、最短でも1週間ほどの時間が掛かります。しかしセレックの場合はカメラで患者さんの口腔内のデーターを取り、院内に設置された機械で1時間ほどで削り出してしまので1回の通院で治療が終わってしまうのです。

高いの?いいえ、逆にリーズナブルなんです

通常の被せものや詰め物は技工所に依頼して技工士さんが一つ一つ手作りで制作します。それ相応の時間をかけて作ります。技工士さんの持っている技術によってその出来不出来はどうしても変動します。セレックの場合は最初から人の手に頼りませんので常に高精度のものを作ることができ、人の手とは比較にならないスピードで作ります。制作過程において、人件費の部分が削られるので価格はセレックの方が安く作ることができるのです。

セレックの歯の耐久性は、大丈夫?

セレックシステムでは高品質なセラミックブロックを使います。これは、天然歯とほぼ同じ強度のため、噛んだときの感触などが自然です。金属よりも、生体親和性もありますので身体に負担をかけません。メタルフリーですので金属アレルギーの方も安心です。また、選べる色の種類も多いので自分の歯により近い色を選ぶことができます。またセラミックはプラークなどの汚れが付きにくい素材なので日ごろのブラッシングも楽になります。

セレックはスピーディーに修復物が製成出来るだけでなく、精密に作り上げる事も出来るので非常にメリットが豊富です。